白を贈る 出産祝い

 

赤ちゃんとご家族におもいやりを伝えるしろずきんちゃんの出産祝い

 

赤ちゃんの無垢な姿に、白はとても似合います。

デリケートな赤ちゃんのお肌にやわらかいシルクはぴったりです。

お肌と同じタンパク質のシルクはどなたも安心してお使い頂けます。

 

 

他にも、おすすめな点あります。

 

―おすすめ その1―

白を贈るには、意味がありました。




昔、みなが着物を着ていたころ、
結納やお祝いに白生地(しろきじ)という
白い絹の布を贈っていました。

白は物事の始まりを表したり、
「相手の色に染まります」という
気持ちを伝えていたのです。

 

 

―おすすめ その2―

ベビーファーストのこだわり

商品の裏地にはツルツルすべすべの五泉羽二重

日本の第一正装である黒紋付、その表地に用いる重目の羽二重(はぶたえ)を、おしげもなく裏地につかっています。

絹のよさは、羽二重に始まり羽二重に終わる、と言われるほど技術力が要求される織物です。

表面に凹凸がまったくなく、ツルツルすべすべ、厚みのあるしなやかな肌触りは、赤ちゃんの頭や髪を守るのに最適と考えました。

 

同じ生地でも商品に合わせて風合いを改良しています。

お坊さんの衣に用いる紋塩瀬(もんしおぜ)という生地。
よこ糸を太く束ね太く束ねしっかりと織ることで、シルクとは思えない厚みをだしています。
用途によって風合いを変え、ずきん・ぼうしには、立体的なシルエットをだすためにハリをだし、おくるみ・すかーふには、とろっとする柔らかさを追求しました。
光の加減で表情が変わるので、シルク独特の繊細に織り込んだ柄が輝きます。

すくすく、のびのびと育った木々のような、スタイリッシュな模様。赤ちゃんが元気にのびのび、すくすくと育ちますように、と願いをこめてこの模様を選びました。

おひさま

おひさまをモチーフにした柄です。六角形は、長寿や健康を願う縁起の良い柄です。おひさまのように明るく元気に大きくなってほしい、と願いをこめて。

 

クスっとするようなイラストでお母さんを癒したい

お坊さんの衣に用いる綸子(りんず)という生地。まさにシルクを感じさせるその光沢と触り心地は、一目で上質なものと感じさせてくれます。高級で神聖な生地にイラストを織り込むという新しいチャレンジです。

ゆきだるま

うさぎ

はくちょう

 

―おすすめ その3―

シルクのように光の加減で輝くさりげないギフトボックス

赤ちゃんを迎える贈り物なので堅苦しくなり過ぎず、楽しさを伝えたい。シルクを表現したギフトボックスは慎ましやかながら、光の角度でキラキラ輝く上品さを持ち合わせています。

 

ページの先頭へ